目の下のたるみ

目の下のたるみをレーザー治療するメリットデメリットは?費用はどのくらいかかる?

更新日:

 

目の下のたるみをなんとかしたいと思っているあなたにお勧め出来るのが、『整形』です。

整形と聞くと顔にメスを入れるのではないかと思うかもしれませんが、必ずしも顔にメスを入れるというわけではありません。

たるみを除去する方法の中にはメスを入れずにたるみを解消する方法もきちんとあります。

メスを入れないのであれば顔に傷をつけることなく施術が受けられるので、傷跡を心配する人にもお勧め出来るでしょう。

中でもレーザーによる治療は特筆すべき効果があります。

今回はそんなレーザー治療についてご説明していきます。

目の下のたるみをレーザー治療で除去することは出来るの?

ここで疑問となるのがレーザー治療によってたるみを解消することが出来るのかどうかです。

確かにレーザー治療を受けたからといってたるみが本当に解消出来るかどうかは疑問に思いますよね。

いかにメスを入れないと思っても疑問に思うのが世の常。

ですが、レーザー治療による効果は折り紙付きで、即効性がある方法として広く知られています。

施術を受ければ受けるほどたるみがみるみる解消されていく為、施術を受ける価値は十分にあるでしょう。

どこでレーザー治療が受けられる?

レーザー治療は他の施術法と同様に美容外科や美容皮膚科などで施術を受けることが可能です。

レーザー治療は少ない回数で効果が得られますが、少ない回数で効果を出す為には担当医の経験や技術力に左右されることになります。

つまり、美容外科や美容皮膚科などでレーザー治療を受けようと考えているのであれば、担当医と入念に話し合って自分の話をよく聞いてくれるかどうかなどを見極める必要性があるでしょう。

経験不足や技術不足では施術の回数が増える可能性があるので、美容外科や美容皮膚科などの評判や口コミをチェックするのが得策です。

そもそもレーザー治療って何?どんなメリットやデメリットがあるの?

レーザー治療と聞くと、本当に顔にレーザーを照射しても大丈夫なのかと思いますよね。

いくら顔にメスを入れないからといっても、レーザーを照射することに抵抗を感じる人も少なくないでしょう。

では、レーザー治療とはどんな治療なのか、どんなメリットやデメリットがあるのかをご説明します。

美容外科、美容皮膚科などで受けられるレーザー治療とは?

身近なレーザー治療といえば永久脱毛の際に使われるレーザー脱毛などが思い浮かびますが、目の下のたるみを解消する効果が期待出来るレーザー治療は大きく違います。

そもそも目の下のたるみが起こる原因は肌の奥にある真皮でコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が加齢などの理由で減少してしまっていることです。

他にも紫外線や乾燥などでコラーゲンやヒアルロン酸といった成分が減少している為にたるみが出来やすくなっています。

レーザー治療は目の下のたるみ部分にレーザーを照射することによってコラーゲンやヒアルロン酸などの成分の生成を促進させる効果があるのです。

加えて肌の正常なターンオーバーを促進させる効果もあるので、肌の働きを正常にしつつ肌のハリを取り戻す方法として非常に便利な方法だと言えるでしょう。

しかも紫外線を浴びたことで発生したメラニン色素による肌の色素沈着にも働きかけることが可能で、色素沈着によって発生したクマも消すことが出来ます。

レーザー治療のメリット

レーザー治療のメリットは何といっても顔にメスを入れることなく施術が出来ることから、一切傷をつけずにたるみが解消出来ることでしょう。

ヒアルロン酸注入のように注射を打つこともありませんし、針を使うこともないので顔に絶対傷跡を残したくないという人やメスを入れるのに抵抗がある人などにお勧め出来る方法です。

参照:目の下のたるみをヒアルロン酸注入で取ることは出来る?費用はどれくらい?

身体への負担や痛みがほとんどなく、治療の効果も長く続くので長期間にわたってたるみ知らずの状態を保つことも出来ます。

傷がつかない、痛みがほとんどない、効果が長期間続くという三拍子揃った治療方法なので、非常に魅力的に感じますよね。

さらに施術後のダウンタイムも非常に短く、翌日からいつも通りのメイクが行えるでしょう。

しかも即効性があるので、担当医の腕前によっては少ない回数でたるみを解消することが出来ます。

レーザー治療のデメリット

レーザー治療の問題は、レーザー光線の威力や照射する時間によって効果が変わることです。

つまり、良くも悪くも担当医の腕前によって施術する回数が変わる為、担当医の腕前が未熟だと多くの回数をかけて施術を行うことになるでしょう。

しかし、目の下の皮膚は他の部位に比べて薄いので、あまり回数を重ねると皮膚を傷めてしまう可能性があります。

施術を受ける人にとって厄介なのが、レーザー治療はメスを入れない施術法なので経験を積ませる為に経験や技術が伴っていない医師が施術を行うケースがあることです。

クリニック側としては少なからず新人の育成もしなければならないので、経験や技術力を向上させる為にも新人にレーザー治療をやらせるわけです。

こちらとしてはしっかりとたるみを解消したいのに、未だ経験不足の医師の施術を受けるのは不安に思いますよね。

なので、施術を受ける際にはどこのクリニックを受けるべきなのか慎重に行動すること、そしてしっかりとカウンセリングを受けることが重要です。

カウンセリングの如何によっては信頼出来る医師かどうかが判断出来るので、しっかりと施術の内容やどんなリスクがあるかについて聞いてみましょう。

レーザー治療にかかる費用は?

レーザー治療に必要な費用は基本的に2万円から5万円となっています。

1回の施術で目の下のたるみが完全に解消出来るということはさすがにないので、複数回施術を受ける必要性があるでしょう。

施術の回数には個人差がありますが、基本的に5回ほど施術を受けることでたるみがほとんど解消出来ると予想されている為、5回分で最大25万円ほどの費用がかかると思っていいでしょう。

しかも効果も長期間続くのが大きなメリットになります。

たった5回施術を受けるだけで目の下のたるみが解消出来るなら、必死になって美容液などをせっせと使い続けるよりもお得になるのでありがたいですよね。

しかし、上記で説明した通り、目の下のたるみをレーザー治療によって解消する為には担当医の経験や技術次第だということが問題になります。

担当医の腕次第では5回以上の施術を受ける可能性がありますし、重ねた回数だけ費用もかかってしまうので経済的な問題が発生する恐れがあるでしょう。

この問題を回避する為には、豊富な経験を持った医師がいるクリニックを探し出す必要性があるので、とにもかくにもクリニック選びが重要だということになります。

さいごに

目の下のたるみを解消する為には、誰でも顔にメスを入れずに施術してほしいと思いますよね。

メスを入れる場合だと傷跡が残らないか心配になりますし、それ以前に施術を受けること自体を怖いと思うのも無理はありません。

しかし、メスを入れないレーザー治療であれば、傷をつけることなくたるみを解消することが出来るでしょう。

ただ、施術を受ける際にはクリニック選びはもちろん、担当医が豊富な経験や技術を持っているか、そして何より信頼出来る医師かどうかを見極める必要性があります。

費用の問題を気にするよりも、担当医との相性や豊富な経験によって施術の回数を少なくすることが費用を少なくすることに繋がります。

目の下のたるみについての整形について詳しく見てみたい方は「目の下(涙袋)のたるみは整形で取ることは可能なの?」をご覧ください。

合わせてこちらの記事もご覧ください。

参照:目の下(涙袋)のたるみの解消方法とは?7つの方法解説

-目の下のたるみ
-, ,

Copyright© 今売れてる40代におすすめのアイクリームランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.