目の下のくぼみ

目の下のくぼみはメイクで隠せる?コツは何かある?

投稿日:

 

ふと鏡を見た時、目の下にくぼみが出来ているのを見ると何だか歳を取ったみたいでショックを受けることってありませんか?

目の下にくぼみがあるだけで疲れていたり、老けて見えるような印象を与えてしまうなど良いことなんてありません。

それならすぐにでもくぼみを解消したいと思うでしょうが、即効性のない方法だとすぐにくぼみが解消されないので困りものです。

しかし、即効性のない方法でも、目の下のくぼみを隠せるメイク術によって一時的にくぼみが出来ていないように見せることが出来るのをご存知でしょうか?

メイク術を活用することによって目の下のくぼみを隠すことが出来る為、メイクで隠している間にくぼみを解消出来ます。

しかし、くぼみを隠すメイク術にはコツがある為、むやみに隠そうとすると失敗してしまうので注意が必要です。

そこで、目の下のくぼみを解消する方法やコツなどをご説明しましょう。

目の下のくぼみはメイクで隠せるの?

結論から言えば、目の下のくぼみはメイクによって問題なく隠すことが可能です。

メイクのスゴイところは、目の下のくぼみによってどんなに疲れている印象を与えたとしても、メイクを駆使することによって印象をガラリと変えられるということです。

つまり、正しくメイクを行うことによって目の下のくぼみも他の部位と同様に隠し、若々しい見た目を印象付けることが出来ます。

ただし、メイクのやり方を間違えてしまうと、途端にマイナスの印象を与えたりしてしまう為、正しいメイクのやり方を知っておく必要性があるでしょう。

目の下のくぼみをメイクで隠す時にやってはいけない方法とは?

目の下にくぼみが出来ると、くぼんだ部分が影になるので目元がくすんで見えることから老けたり疲れていたりするような印象を与えてしまいます。

つまり、メイクによっていかにくすみを隠すかが重要になるわけですが、ここでやってはいけないのがファンデーションやカバー力の高いコンシーラーなどを重ね過ぎてしまうことです。

くぼみによるくすみなどを隠す為にファンデーションやコンシーラーなどを駆使するのは理解出来ますが、それらによって厚塗りになってしまうとかえって透明感がなくなってしまいます。

厚塗りメイクはしわが出来やすくなる原因でもある為、厚塗りになるほどますます老けて見える印象を与えやすくなるでしょう。

したがって、目の下のくぼみをメイクで隠す為には厚塗りにならないようにすることが最も重要なのです。

目の下のくぼみをメイクで隠すコツとは?

目の下のくぼみは目元に影を作ってしまう為、暗い印象を与えてしまいます。

それなら、メイクで目元を明るく見せることが出来ればマイナスの印象を与えることはなくなると言えます。

厚塗りにならないように注意しながらメイクを行うのが、一番のコツとなるでしょう。

ここで、目の下のくぼみを隠すメイクを行う時のコツをご説明しましょう。

基本は下地とファンデーションを重視しよう!

目の下のくぼみを隠すメイクのコツは、厚塗りすることではなく化粧下地とファンデーションの際に使用する化粧品選びです。

化粧下地はファンデーションのノリと持ちを長持ちさせますし、目の下のくぼみを隠す為の明るさを与えるのに欠かせません。

化粧下地によっていかに若々しい印象を与えるかが重要になります。

化粧下地を選ぶ際には、淡いピンク色の下地を選びましょう。

目の下のくぼみによるくすみは暗い印象を与えてしまいますが、元々の肌の色とかけ離れた色の下地を使用してしまうと、かえってくぼみを隠しているとバレやすくなります。

それこそ目の下にくぼみがあるとバレてしまうので、色の選別は非常に重要です。

また、淡いピンク色と共に艶が出るかどうかも大事です。

艶が出るほど透明感と明るさを与えることが出来るので、下地選びは念入りに行いましょう。

次に使用するファンデーションですが、これはリキッドファンデーションやクリームファンデーションがおすすめです。

これらのファンデーションは肌に馴染みやすく、化粧崩れも起きにくいので非常に使いやすいです。

ファンデーションを使用する際には、くぼみが気になる部分を指の腹で優しく叩きながら集中して馴染ませていきます。

しかし、それだけではまだくぼみが目立つ可能性があるので、同時にまぶたや目尻にもファンデーションを馴染ませると全体的に明るくなるのでくぼみが目立ちにくくなります。

もしこれでもくぼみや影が目立つようであればつけすぎないようにコンシーラーを使うのが得策です。

目の下のくぼみはリフトアップメイクが効果的!

目の下にくぼみが出来るのは、目の下のたるみなどによって目元が痩せてしまっていることが原因として挙げられます。

それなら、単純にリフトアップを行うことでくぼみを解消することが可能です。

しかし、直ちにリフトアップを行ってもすぐにくぼみが解消されるわけではないので、もっと即効性のある方法が知りたいと思いますよね。

そこでおすすめなのが、リフトアップメイク術です。

リフトアップメイクといってもメイクによってリフトアップ効果をもたらすのではなく、ハイライトによって肌を明るく見せることが重要です。

ハイライトによって肌を明るく見せることにより、本来はたるんでいるのに何だかリフトアップしているように見える高い効果が得られます。

ハイライトはぼかしすぎてしまうとあまり明るくならないので、明るく見せたい部分を押さえて馴染ませるのがコツです。

Tゾーンや顎にも乗せるとより肌を明るく見せることが出来ますが、明るく見せようとするあまりラメやパールなどが含まれているハイライトを使用するとかえってしわなどを目立たせてしまうので注意が必要です。

また、目の下のたるみによってくぼみが出来ている時は、目の下のたるみに被らないようにピンポイントでハイライトを使うのが得策でしょう。

たるみにハイライトが被ってしまうとたるみが一層目立ってしまう為、たるみにハイライトが被らないように馴染ませるのがコツです。

目の下のくぼみから視線を逸らさせるメイクテクニックとは?

目の下のくぼみを隠したいのに、思うように隠せないという人もいるかもしれません。

くぼみを隠すのにもコツがいるので、誰もが上手にくぼみを隠せるわけではないでしょう。

しかし、メイクでくぼみを完全に隠そうとするのではなく、くぼみから視線を逸らさせるテクニックがあるのをご存知でしょうか?

そのテクニックとは、アイメイクで目元を明るく立体的に見せるという方法です。

手順は簡単なもので、化粧下地やファンデーションで明るい透明肌を作った後にアイメイクで目元を強調させるだけです。

目元を強調させる時のコツは、アイシャドウで明るく立体的に見せ、アイラインで目元を印象づけること、そして質感が違う2種類のアイライナーを使うことです。

この方法は年齢を重ねたことによって目元が衰えてきた人にも効果的なもので、幅広い層におすすめ出来る方法です。

逆にくぼみを隠そうとするのではなく、目元に視線を集中させることでくぼみを隠さなくても良くなるのが最大のメリットとなります。

ただし、ただアイメイクで目元を濃くすればいいというものではないので、あくまで目元を強調させるように注意しながらメイクを行いましょう。

目の下のくぼみ隠すメイク術の解説!

以上のリンク先で目の下のくぼみを解消する為のメイク術をご紹介しています。

アイメイクを行って効率良く目の下のくぼみを隠す方法を実演しており、ハイライトやメイクを行う時のポイントや注意点もご説明しています。

ブラシの使い方や目尻やまぶたなどへの塗り方、アイライナーを使う時のコツなどもご説明しているので、アイメイクで目の下のくぼみを隠したい人の参考になるでしょう。

一番のポイントは、アイメイクを行う時に一気に塗ろうとしないことです。

徐々に塗り広げていくことで、自然な奥行きを出すことが出来ます。

さいごに

目の下のくぼみは厄介なものですが、メイクに一手間加えるだけで上手にくぼみを隠すことが出来るのは大変な魅力ですよね。

目の下のくぼみを解消するまでは多少の時間を要するので、それまでは上手にくぼみをメイクで隠すことによって周囲にバレずにくぼみが解消出来るでしょう。

いずれの方法もコツを掴めば誰でも出来る方法なので、気になる方法があれば是非とも試してみてはいかがでしょうか。

-目の下のくぼみ
-, ,

Copyright© 今売れてる40代におすすめのアイクリームランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.