目の下のくぼみ

目の下にくぼみができる原因って何なの?

更新日:

 

あなたは鏡を見た時に目の下のくぼみが出来ていたことはありませんか?

目の下のクマも相当厄介なものですが、目の下のくぼみも同じく厄介なものです。

目の下にくぼみがあるとクマが出来ているわけでもないのに、ずっとクマがあるように見えてしまいますし、影が出来るので何だか老けて見えてしまいます。

しかし、目の下のくぼみが出来てしまう原因は様々なので対策のしようがあるのは幸いです。

実年齢より老けて見られない為にも、目の下にくぼみが出来る原因を見つけて対策を行う必要性があります。

そこで、目の下にくぼみが出来る原因とは何なのかをご説明しましょう。

目の下にくぼみが出来る原因とは?

目の下にクマが出来る理由はなんとなく予想出来るかもしれませんが、目の下にくぼみが出来る原因なんてちょっと想像出来ないという人もいるかもしれません。

しかし、意外にも目の下のくぼみはたるみやクマが出来る原因と似ている傾向にあるのです。

つまり、目の下のたるみやクマを解消する方法によってくぼみもついでに解消出来る可能性があるということになります。

目の下にくぼみが出来る原因として挙げられるのが、

・眼窩脂肪の減少

・目の下のたるみ

・目の酷使

・目の周辺のハリの減少

・頬のたるみ

以上の5種類が挙げられます。

日常的な行動が原因によって発生することがほとんどなので、それに応じて対策を行う必要性があるでしょう。

では、それぞれの原因についてご説明しましょう。

眼窩脂肪が減少することで目の下にくぼみが出来てしまう!?

私たちの目は眼窩脂肪というもので守られていることを知っていますか?

眼窩脂肪は私たちの目の周りにある脂肪であり、様々な衝撃から目を守る役割があります。

しかし、この眼窩脂肪が減少してしまうと目の周りの脂肪が少なくなってしまい、目の下にくぼみが出来てしまうのです。

この眼窩脂肪は年齢と共に減少してしまう為、年齢肌に悩んでいる人ほどくぼみにも悩まされている傾向にあると言えるでしょう。

目の下のたるみはくぼみの原因に!

厄介な肌トラブルの一つである目の下のたるみは、実は目の下にくぼみを作ってしまう原因の一つでもあります。

目の下のたるみが起こるのは、実は先ほど説明した眼窩脂肪が原因で起こることもあります。

元々眼球は目の周りの眼球や目の下にある靭帯によって支えられていますが、年齢を重ねていくと徐々に筋肉や人体の働きが衰えてしまい、眼窩脂肪が外部に押し出されてしまうのです。

押し出された眼窩細胞は外側に突出するようになり、目の下のたるみと同時にくぼみまでも産んでしまうようになります。

目の下のたるみは年齢を重ねてくると起こりやすくなりますが、幸いにも目の下のたるみの改善は同時にくぼみを改善することにも繋がるので一石二鳥の効果が得られるでしょう。

目を酷使すると筋肉が固まってしまう?

目の周りの筋肉は眼輪筋と呼ばれており、その上に脂肪、皮膚が乗っていますが、目を酷使していると筋肉が凝り固まり、筋肉量が減って目の下にくぼみが出来やすくなります。

目を酷使する場面といえば長時間パソコンやスマホなどの画面を見ていたり、コンタクトを使用していたり、寝る時間が遅かったりすると眼輪筋の疲労が解消されにくくなります。

眼輪筋の凝りだけでなく、目の周辺の血流を悪化させてしまうので目の下にたるみが出来やすくなる原因の一つでもあるのです。

目の下のたるみは先ほど説明したように目の下のくぼみを発生させる原因なので、目の酷使は直ちに止める必要性があるでしょう。

日常的に目を酷使し続けている人ほど目の下にくぼみが出来やすくなるので、目を酷使していると思ったら少しでも良いので休ませるのが得策です。

目の周辺の肌のハリが失われてくるとくぼみが発生しやすくなる!

目の下のくぼみは厄介なことに肌のハリが失われることでも発生してしまうのです。

肌のハリが失われると真っ先に心配するのはしわやたるみなどですが、くぼみも例外ではありません。

肌のハリは年齢を重ねると共に徐々に失われていきますが、肌のハリが失われるのは肌の奥にある繊維芽細胞の働きが弱くなっていることにあります。

繊維芽細胞は肌のハリを保つコラーゲンやヒアルロン酸といった成分を生成している重要な細胞です。

しかし、繊維芽細胞は年齢と共に働きが弱くなってしまうことから、年齢肌の人ほどしわやたるみなどに悩んでいるということになるんです。

ですが、繊維芽細胞の働きが弱くなってしまうのは加齢だけでなく、紫外線や目の酷使といった原因もあります。

元々肌バリアによって外的要因から肌を守っていますが、目元の皮膚は薄いので酷使しやすく、肌バリアが失われやすい欠点があります。

肌バリアが徐々に機能しなくなると乾燥しやすくなり、瞬く間にコラーゲンやヒアルロン酸などの成分の働きが弱くなってしまうでしょう。

また、目の酷使は同時に自律神経を乱れさせ、繊維芽細胞の天敵である活性酸素を発生させます。

発生した活性酸素は繊維芽細胞の働きを弱らせる為、コラーゲンやヒアルロン酸などの成分の生成を遅らせてしまいます。

紫外線は肌バリアを破壊する代表的な原因であり、常日頃の紫外線対策や乾燥対策が求められるでしょう。

また、先ほども説明したように目を酷使しないように注意する必要性もあります。

頬がたるむことでもくぼみが出来てしまう?

一見関係なさそうに感じる頬のたるみですが、これも目の下にくぼみが出来る原因の一つとなっています。

頬がたるんでくると、目の下の皮膚が引っ張られてしまい、徐々にくぼみが出来てしまうのです。

頬がたるむのは目の下のたるみなどと同じく年齢肌によるものが大きく、厄介なことに頬のたるみが目の下にくぼみを作っていることに気づきにくいことです。

肌のハリが失われることこそ、目の下にくぼみを作ってしまうということになるでしょう。

さいごに

目の下のくぼみは目の下のたるみやしわなどの肌トラブルよりも注目されないかもしれません。

しかし、目の下のくぼみは立派な目元のトラブルの一つと言っても過言ではないので、早急に対策を行う必要性があるでしょう。

日常的な対策が目の下にくぼみが出来るのを防ぐことが可能である為、肌のハリを保ち、目を酷使しないなど様々な対策が功を奏すると言えますね。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

参照:目の下のくぼみを改善するアイクリームってある?

-目の下のくぼみ
-, ,

Copyright© 今売れてる40代におすすめのアイクリームランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.